【浄水シャワー、シャボン玉石鹸、竹繊維】これを使えば劇的にアトピーの症状が改善されます。

僕の兄や嫁さんはアトピー持ちであるので、「アトピー」という病気を身近に感じています。

とくに兄は兄弟なので、幼い頃からその症状に苦しむ姿を見てきました。

痒いため肌を掻きむしり、皮膚が膿だらけになってしまって本当に辛そうでした。

嫁さんは幼い頃からこまめに治療をしていたそうなので、大人になる前にだいぶ良くなったみたいです。その為か、パッと見普通の人と変わりのないくらい肌はキレイです。

けれども、所々体にアトピーの傷跡が残っているみたいです。確かによく見てみると傷跡のようなものがあるのが分かります。

アトピーはほとんど完治されましたが、嫁さんは肌が弱い事には変わりません。その為、アトピー用の塗り薬や保湿を今でも欠かさずに行っています。

そんな嫁さんに何かしてあげられないかと自分なりに調べた所、僕なりの改善策を見つけました。

このブログはうつ病対策の記事をメインに健康面の記事を書いていますが、今回はアトピー対策の記事についても書いていこうと思います。

この記事が、アトピーや肌問題でお悩みの方に少しでもお役に立てればと思います。



・食生活を改善する。


 

 

外食やスーパーなどに売られている加工食品は体に悪い添加物がたくさん入っています。

その分、僕たち消費者は手軽に安くて美味しい食品を購入できたり、長く保存できたりと様々なメリットがあります。

けれどもそういった便利さばかり重視してしまうと、体に悪い添加物を多く含んだ食品ばかり食べるようになり、しだいに体に蓄積され病気を発症させる原因になってしまいます。

アトピーの発症には、そういった加工食品を食べる事も原因の一つになります。

アトピーの症状は、体の毒素を肌から出す過程で発症すると言われています。

という事は、なるべく体に悪い食品を体に取り入れない事が大事になります。

空気に含まれる有害な物質を防御するのは難しいとしても、口から入れる食品は自分自身で選ぶ事が出来ます。

なので、どの食品に体に悪い添加物が入っているのかを学び、できるだけ取り入れないことをしていきましょう。

できれば食材はオーガニックのもの方が良いとは思いますが、コンビニやスーパー等の加工食品やジャンクフードを避けるだけでもアトピーの症状はだいぶ改善されるはずです。

食品に含まれる体に悪い添加物について書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。↓

前回の投稿で「外食をやめた方がいい理由」についてお話ししてきました。 そこで今回は外食、すなわち加工品に含まれている体に悪い添加物について具体的にお話ししていこうと思います。 ...

なるべく添加物が少ない食品をジャンル別で書いているので、こちらも参考にしてみてください。↓

前回の投稿を見ていただいた方でもしかしたら、 「添加物なんか気にしてたら、食べれる物なんか1つもないよ!」 そう思った方がいると思います。 ですが、少なからず添加物が少ない食...

できれば飲料もクリーンなものに変えましょう。オススメなのは「水」です。↓

暑い暑い、夏の季節になりましたね〜。 今年(2018年7月)の関東の梅雨明けは例年よりも早かったそうですね。 ということは早まった分、それだけ汗をかくということになります。 ...


・肌に当たる衣類の材質を変える。


日常で常に肌に当たっているものと言えば衣類ですよね。

なので、衣類の材質を見直すだけでもアトピーの症状の緩和に繋がります。

まず、ユニクロ等で購入できるヒートテックやエアリズム等の化学繊維できているものはやめましょう。

吸水性などの機能性が良いから一見便利なものと思いますが、化学繊維は静電気を起こしやすく肌を乾燥させやすいので、アトピー持ちの方にはとても相性が悪いです。

綿、麻、絹などの自然に近いものでできている衣類にしましょう。

あと少し値段は上がりますが、オーガニックコットンの衣類も良いです。

さらに言うとあまり知られていませんが、「竹繊維」で出来ている衣類もオススメです。

竹繊維は静電気の発生がとても低く、殺菌消臭作用があるので肌を健康に保つ為にうってつけの繊維です。

抗菌予防効果も高く、アトピーの原因でもあるダニを受けつけない作用も発揮します。

また竹には安眠作用や精神安定作用があるそうなので、痒みの症状で寝付きが悪い方にはその恩恵があるかもしれません。

肌触りも良いので、肌荒れなど皮膚に問題がある方にも最適です。

値段は少々高いですが、試してみる価値はあると思います。

↓オススメ竹繊維の専門店

竹布TAKEFU


・シャワーを浄水器タイプの物に取り替える。


日本の水道から出る水は、世界で一番と言っていいくらいとてもキレイな水が出てきます。

塩素消毒がされているので、感染症のリスクも軽減されています。そういった面からも日本の水は安全性が高いと言えます。

けれども塩素は他の病気を発症させる原因にもなっており、アレルギーだって悪化させてしまいます。

さらに老朽化した水道管はサビており、そのサビにはアルミニウム、鉛、錆止め塗料などの体に悪影響を及ぼす有害物質が混じっています。

なので、アトピー持ちの方は肌からその有害物質を吸収させないようにする事がとても大事になります。

そこで、お風呂場にあるシャワーヘッドを浄水タイプのものに取り替え、有害物質を除去しましょう!

(我が家でも2年程前から実際に使っていまして、その恩恵を受けています!)

アトピー持ちの方はもちろんのこと、乾燥肌やお風呂上がりに肌がつっぱってしまう方にも浄水タイプのシャワーヘッドは最適です。

さらに、浄水された水で髪を洗うとツヤが出てきます。

髪質に悩んでいる方や女性の方にも浄水シャワーは最適です。

ゴワゴワの髪質になってしまう方は、今まで有害物質が含まれた水で髪を洗っていたことが原因かもしれません。

シャワーは毎日使うものなので、知らずのうちに水道に含まれる有害物質を肌から吸収しています。

浄水器はピンからキリまでありますが、安い浄水シャワーヘッドに取り替えるだけでも、だいぶ肌環境が変わると思うので是非共試して欲しいと思います。

↑我が家ではTORAY製のものを実際に使っています。日本アトピー協会のお墨付きです。

↑原水と浄水を切り替えできるので、お風呂洗いなどでシャワーを使いたい時に原水にすれば浄水効果を節約できます。

シャワーヘッドに入っているカートリッジで塩素を除去しているのですが、カートリッジは約5ヶ月間効果が持続されます。

あまりシャワーを使わないご家庭なら5ヶ月以上は持つかなと思います。

付属のアダプターが3種類付属しているので、ほとんどのシャワーヘッドに取り替え可能です。(念のために取り替えできるメーカーを事前に調べておく事をオススメします。)



・ボディーソープをなるべくクリーンなものに変える。


毎日使うボディーソープにも気を使う必要があります。

オシャレでいい匂いがするものが沢山あり、使いたくなるものばかりですが、そういったものには様々な化学物質が含まれております。

それを毎日使うと有害物質が入ったシャワーのようにその化学物質が肌から吸収され体に蓄積されていきます。

そうして少しずつ肌環境に影響が出てきて、痒み等の問題を引き起こします。

なので、肌環境を悪くさせない為にもなるべくクリーンなものを使いましょう。

そこで僕がオススメするのは無添加石けんで定評のあるシャボン玉の石けんです。

シャボン玉の石けんは香料、着色料、酸化防止剤を一切使用していない石けん素地100%の本当にクリーンな石けんになります。

敏感肌持ちの方はもちろんのこと、小さなお子さんにだって使えます。

体を洗っている最中はさっぱりした感じで、洗い上がりはしっとりしているので長く使えると思います。

僕はどちらかというと乾燥肌なのですが、シャボン玉を使い出してから肌がスベスベしてきました。

たまにお風呂屋さんに行って常設してあるボディーソープを使うと、いかにもドロドロとした化学物質的な洗い上がりが気になり、肌のつっぱり感がハッキリと分かります。

シャボン玉石けんの使い出してから、洗い上がりの良し悪しの違いをハッキリ感じれるようになりました。


・洋服用洗剤もクリーンなものに変える。


衣類を洗う時の洗剤にも注意が必要です。

一般的に売られている合成洗剤は合成化学物質から作られた体に有害なものです。

この合成洗剤で洗われた衣類が肌に触れる事によって、少しずつ肌から吸収されていきます。

こういったものを「経皮毒」(先ほどの衣類も経皮毒になります)というのですが、アトピー持ちの方はこういった経皮毒を出来る限り避けることが大事になります。

そこで僕はシャボン玉のスノールという無添加の洗濯用石けんをオススメします。

先ほどご紹介したTORAYのシャワーヘッドと同様、このスノールも日本アトピー協会推薦品とされています。

成分はシャボン玉浴用と同じくシンプルで、純石けん分(30% 脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウム)のみとなっており、とてもクリーンな洗剤になっております。

これであれば経費毒の心配をしなくても良くなります。

一つ欠点として、成分がシンプルな為か、衣類に匂いがつかない事です。

人によって洗剤には、洗い立てのいい匂いがつくものを使いたいという方がいると思います。

その他にガンコな汚れは落ちにくい気がします。その場合は付けおきをするか、または合成洗剤を使うのもやむ得ないと思います。

洗う衣類によって使い分けをしていけば良いと思います。


僕が実際に行っていることやその他の対策について、アトピーや肌問題の改善策を5つご紹介してきました。

どれもそこまでお金をかけなくてもできることなので、お金に余裕が無い方でもすぐに出来ると思います。

食生活を見直すことはアトピー改善以外にも、体質改善など様々な病気になりにくい体を作れると思います。

そうすればステロイド剤に頼らなくてもアトピーの症状は良くなっていきます。(ステロイド剤も化学物質で作られているので、ステロイド剤に依存して体の免疫力を下げてしまうと、アトピーは完治しないと思います。)

アトピー持ちの方がご家庭にいる方は、本人に良くなってもらいたいと、いろよな治療法をしてしまうと思います。

けれどもそれが裏目に出てしまい、本人にとってはストレスに感じてしまう場合があります。

ちなみにうちの嫁さんは食生活を変えることがストレスだったみたいで、僕の方からは食生活に関してあまり言わないようにしました。

でも、出来る限り肌環境を良くしてもらいたいという思いは消えなかったので、シャワーヘッドを浄水タイプに取り替えて、石けんをシャボン玉のものに変えました。

変えたことを本人に聞いてみると「変えた事は特に気にしていない」とのことなので、浄水シャワーヘッドとシャボン玉の石けんは嫁さんに採用されました。

できれば食生活も変えて欲しいのですが、毎日使うシャワーや石けんはクリーンなものを使ってくれているので、とりあえず良しとしています。

このようにアトピー持ちの方がご家庭にいる方は、良かれて思ってやった事が本人にとってはストレスになることもあるので、本人とよく相談してアトピー対策をしていきましょう。

今回ご紹介した改善策で、アトピー持ちの方の症状が楽になってくれればいいなと思います。

今回ご紹介したシャボン玉製品は、これ以外にも無添加にこだわったハンドソープや食器用洗剤など素晴らしい製品が沢山あります。

用途別やさらに質の良い製品をお探しの方は、一度ホームページをご覧になってみてください。

シャボン玉石けんホームページ

今後もうつ病対策の他に、今回のようなアレルギー性の病気などの対策についてもご紹介ていきたいと思います。

それでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする