【背中、胸トレが苦手な方へ】効かせたい筋肉を意識すれば、間違いなくデカくなります!

僕は主に自分のメンタルを強くしたいという意味でトレーニングをしているのですが、その他に自分が思う理想な体を作る為に日々トレーニングを行っています。

トレーニング後によく鏡で自分の体を眺めるのですが、どうしても「背中」と「胸」の筋肉が小さいなといつも感じています。

(と言っても胸は少しずつ大きくなってきています。前に出した記事のトレーニング法が僕には合うみたいです。↓)

久々に筋トレについて書きます! 最近、ハマっている自重トレがあるんです〜。 それはディップスと片足カーフレイズなんです。 まず、ディップスとは平行な棒を両手で掴み、体...

僕の弱点は主に背中と胸なので、どうすればその部位を効かせられるトレーニングが出来るのかを調べました。

その中で、ある動画でそれが改善されました!

この動画を見れば、背中や胸にうまく効かせられないと悩んでいる方もきっと改善されるはずです!

ということで今回は、胸と背中にうまく効かせられない悩みを持つ方に向けて、この動画をシェアしていきたいと思います。


・胸の筋肉に効かせるポイント


まずは胸に効かせる為のポイントについて解説していきます。

このブログでも何度もご紹介している、パパさんボディビルダーのかとちゃんさんが出しているこの動画が、胸の筋肉に効かせる為にとても参考になりました。

この動画のポイントとしては、

・押しだす動作の時に肩を前に出さない。(胸骨と上腕骨の距離が遠ざかると大胸筋が収縮されないため)

・肩甲骨を寄せる。

・胸を張る。

になります。

ベンチに仰向けになってダンベルプレスを行う際、上記のポイントを意識しにくくなると思います。

仰向けになった時は背中に力を入れ肩甲骨を寄せて肩を下げると、仰向けになって行うダンベルプレスでも胸に効かせられるようになります。

この動画でかとちゃんさんは「背中ばかりを意識していて、ちゃんと胸に効かせられているのか?」と言う疑問に対して、フォームがキープされていれば胸にちゃんと効いているので大丈夫という返答をしています。

そしてこのフォームが完全に体に馴染んできたら、自然と背中よりも胸に意識が向くみたいです。

なので、まずはダンベルやプレスやベンチプレスなどのトレーニングを行う際は肩甲骨を寄せて肩を下げ、胸を張ったフォームを維持することを意識していきましょう。

僕は肩甲骨は意識して行っていたのですが、「肩」の動作にも気をつけることは僕からしたら身から鱗でしたね。


・背中の筋肉に効かせるポイント


次は背中の筋肉に効かせる為のポイントについて解説していきます。

またかちゃんさんの動画が参考になったのでご紹介したいと思います。

(かとちゃんさんの動画は細かい所まで解説してくださっているので、本当に参考になります。)

この動画のポイントとしては、

・胸を突き出す。

・握力で引かないよう、親指を使わないサムレスグリップ、手のひらで包み込むようにグリップを掴む。

・引く動作の時に、肩から引いていき肩甲骨を寄せるように意識する。

・腕の力で引かないよう、肘で引く動作を意識する。

になります。

背中の広背筋、僧帽筋を鍛えるには引く動作が基本になります。

その引く時に腕の力ではなく、背中の筋肉で引く事が大きなポイントになります。

僕もそうだったのですが、ただ単に引く事ばかりに意識を向けて腕の力ばかりで引いてしまうことが多かったです。これは僕を含めた初心者さんは特に注意が必要です。

動画でも紹介していますが、椅子に座りながらや壁に背中を付けながら肘を引く動作だけで体を持ち上げるのはとても背中に効かせるフォームを習得する為の良い練習になります。

時間が空いた時にこの練習法を行って体に馴染ませる事もよいですが、背中のトレーニング前のウォーミングアップにやるといいかなと思います。


「【背中、胸トレが苦手な方へ】効かせたい筋肉を意識すれば、間違いなくデカくなります!」というテーマでお送りしてきました。

体のどの部位にも言えることなのですが、まずフォームを完全に体に馴染ませてからトレーニングを行うことが大事なんだと、今回ご紹介した動画を見て痛感しました。

あと基本的にトレーニングは手にダンベル等のウェイトを持って行うことが多いと思うのですが、無思考だと腕の力だけで引いてしまうところがあり、それでは腕ばかりに刺激がいってしまいます。

腕の力ではなく、効かせたい筋肉で引くことを意識する事がとても重要になります。

がむしゃらにトレーニングを行っていてもしっかりとした刺激が効かず、いつまで経っても自分が追い求める理想の体にはなれないです。

なので、始めは多少つまらなくてもフォームを完全に体に馴染ませた方が大事です。

かとちゃんさんの動画でもフォームを習得すう練習法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

こちらの方が最短の道のりだと思います。このままやっていても遠回りになってしまうでしょう。

やはり基本は大事ですね。

僕は胸と背中に限らず、まずは軽い重量で無意識でも正しいフォームでトレーニングできるように練習していこうと思います。

皆さんも正しいフォームを習得して、目的の部位にちゃんと効かせられるようにしましょう!

それでは!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする