【メディア、騒音、糖質が精神を崩壊させる】常に心を落ち着かせる為にできること。

僕は落ち込む事無く、毎日同じテンションでいたいと思っています。

日によって気分が変わってしまうと、やりたい事や仕事に全力を出せなくなるので、なるべく一定のテンションでいることが理想なのです。

気分がコロコロ変わってしまうと、周囲にもネガティブな印象を与えてしまうので、あまりよろしくないです。

けれども人間なので、気分の浮き沈みがどうしても出てきます。

しょうがないちゃしょうがないのですが、それで終わりにしてしまったら、いつまで経ってもそのままだと思います。

なので、どうすればテンションを一定に保てるのかを自分なりに考えてみました。

という事で、今回は常にメンタルを落ち着かせる方法を僕なりに書いていこうと思います。

気持ちを一定にさせるというのは鬱病対策にもなると思うので、ぜひ参考にしてみてください。


①なるべく情報を取り入れないようにする。


まず一つめはできるだけ情報を取り入れないようにする事です。

今の時代はテレビ、ラジオ、ネットなどさまざまな媒体から情報が流れてきます。

いいニュースがあれば、悪いニュースだってあります。

比率で言えば、悪いニュースのが多いですよね。

だから、すぐに自分の気持ちが持ってかれてしまうと思います。

なので、できるだけテレビを見ない、ラジオは聞かないようにする。

ネットの掲示板やSNSなどは見ないようにする。

これだけでも、だいぶ気分の浮き沈みを抑えられると思います。

ここでポイントなのが、平日のテレビ、ラジオのほとんどの番組は慌ただしい雰囲気があるので、気持ちを持っていかれやすいと思います。

なので、テレビ、ラジオをよく日々の生活でご利用している方はその点に注意するだけでも、結構違うのかと思います。

平日よりも、土曜日のが比較的落ち着いていてゆったりとした番組が多いので、曜日を気にしてみるのも良いかもしれません。

この考えで言うと、掲示板やSNSの書き込み内容は、もしかしたら休んでいる人が多い週末の方が平和なのかもしれません笑。


②騒音をカットする。


これも先ほどと少し似ていますが、今度は騒音(環境音)をカットする事もメンタルを一定に保つ為の方法だと思います。

家の中にいればとくには気にならないと思いますが、外に出てしまうと車のエンジン音や吹かす音や走行音、工事などしていたら耳に痛い金属音や機械の地鳴り音、その他作業音。

そして人ごみの中に行けば、周りを気にせず騒ぎまくっている人々の声など、常に騒音とも言える音があります。

簡単に言えば、極力外出しなければ良い話なのですが、どうしても外に出なくてはいけない時があると思います。

そんな時は耳栓(完全に聞こえなくなる物は危ないので、半分くらい遮断できる物がベスト)を付けて、外出すれば周りの騒音を耳に入れなくて済みます。

音楽を聴くのも良いと思いますが、外に出ると周りの音に負けない為、自然とボリュームを上げて大音量で音楽を聴く感じになってしまうと思うので、これはこれで耳と脳にストレスを与えてしまいます。

なので外出する時は、音楽を聴くよりも耳栓などをして、半分くらい音が聞こえるくらいまで外の音を遮断すると良いと思います。

これは半分くらいの音を遮断してくれて、なおかつ人間の耳には痛い周波数をカットしてくれるとても便利な耳栓です。

これで様々な騒音をカットしてくれるので、僕にとってはメンタルを保つための必要不可欠なアイテムになりました。

作業用、ライブ用、モータスポーツ用と3種類程あるので、どの場所でも騒音に悩まされなくなります。


③食べ物(特に甘いもの)に気をつける。


日々の食事もメンタルに影響を与えている要素が高いです。

その中でもとくに気をつけたいのが糖質を多く含む食品です。

糖質はエネルギー源になるものなので、体に必要な栄養素ではありますが、特に甘いもの(スイーツなど)はうつ病を悪化させると言われています。

その理由をこれから書いてきます。

ここで少し論理的な話をしていきます。

糖質が多い食品(精製された砂糖、小麦粉、お米など)を一気に食べると、すぐに消化されブドウ糖に変わり吸収され、一気に血糖値が上昇し、気分が上がるような感覚になります。簡単に言うと頭が冴えてきたような感覚ですね。

それで脳は急激な血糖値の上昇をストレスを感じてると受け止め、ストレスホルモンを出します。

そしてストレスホルモンが出る事によりそこから一気に血糖値が下がります。

この急激な血糖値の上下降が原因で気分の浮き沈みが大きくなり、情緒不安定になるのです。

さらにこの血糖値の急激な上昇は脳や肝臓、心臓にも負担をかけます。

これではメンタルが一定に保たれないですよね。

糖質が多いものやスイーツを食べて血糖値が上がると、ドーパミンやセロトニンといった幸福な気分になれるホルモンが出るので、甘い物を食べると幸せな気持ちになれます。

けれでも、すぐに血糖値が下降し気分が下がります。

なので、糖質が多いもの(スイーツなどの甘いもの)を食べて幸福な気分になれるのは一瞬だけなのです。

しかもこの血糖値の急激な上下降は、頭痛、不眠、眠気、疲労など体の不調の原因にもなります。

これは病気になった時にも影響があり、糖質を控えた方が病気の治りが早くなります。

なので、糖質が多いものを食べるのをなるべく少なくして、血糖値の働きをゆるやかにする事がメンタルと体調を整えることに必要なのです。


ということで、「常に心を落ち着かせる為にできること。」というテーマでお送りしてきました。

僕たちは日々、様々な情報に揉まれながら生きています。

そして無意識のうちに体に悪い食品を食べて生きています。

そうして、少しずつ悪い情報や食べ物にメンタルや体が蝕まれていっていくのです。

なので、ここで一度立ち止まって自分の生活スタイルを見直す必要があると思うのです。

今までは何とかなってきたかもしれませんが、これからはどうなるのか分かりません。

だから、少しでも自分の為になるように良い習慣を作る必要があります。

生活スタイルが変われば、今まで情緒不安定だったメンタルが前向きになっていくと思うし、体調だって良くなると思います。

スイーツを食べる回数を少なくしてみるとか、時間を決めてスマホ触るとか、少しずつできる所から始めて行けば良い思います。

一気に止めてしまうと急激なストレスがかかるので、少しずつ行っていけば確実に改善されると思います。

急がず少しずつ改善させていき、素晴らしい人生にしていきましょう!

それでは!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする