【ディップス、片足カーフレイズが効く】最近ハマっているふくらはぎ、胸トレの自重トレをご紹介!

久々に筋トレについて書きます!

最近、ハマっている自重トレがあるんです〜。

それはディップスと片足カーフレイズなんです。

まず、ディップスとは平行な棒を両手で掴み、体を上下させて負荷をかける自重トレーニングです。

主に大胸筋下部と上腕三頭筋を鍛える事が出来ます。

↑短くて分かりやすい解説動画がありましたので、まずはこれで大まかなトレーニング方法を掴んでください。

↑丁寧な解説動画で定評のある、かとちゃんさんのディップス解説動画です。

さらにワンランク上のトレーニング方法を習得したい方はぜひご覧ください。

最近よくこれを2日おきに15回×4セットやるのですが、とても大胸筋に効いています。

いつも筋トレ後は胸あたりが心地よい筋トレ特有の痛みがあります。

脚が地面につかないように腕で体を支えるため、腕全体にもとても負荷がかかります。

なので、上腕三頭筋はもちろんのこと個人的には前腕や上腕二頭筋のトレーニングにもなっている気がします。

このトレーニングは前からやっていたのですが、肘の痛みがあったので控えていました。

けれども、肘の筋肉を伸ばすストレッチ法を取り入れてからは肘の痛みが治まり行えるようになりました。

肘を痛めやすいトレーニングだと感じていますので、皆さんも気をつけてください。

ディップスを本格的にトレーニングメニューに取り入れてから、腕と大胸筋が飛躍的に成長したと感じています。

自重トレーニングでも大きな負荷をかけられるトレーニングだと実際に実感しているので、皆さんもぜひ行ってみてください。


次にふくらはぎの筋トレです。

僕は元々ふくらはぎが細くて、体の中でもとくにコンプレックスを感じている部位でした。

周りの人にはふくらはぎが太い方が多く、なぜ自分は細いのかと疑問に思っていました。

(おそらく生活一部に歩く機会が多いこと、以前スポーツをやっていたからなのだと後々になって分かりました。)

そのコンプレックスを解消する為にも筋トレで克服しなくてはいけません。

ふくらはぎの筋トレにはカーフレイズがあります。

カーフレイズとはつま先立ちすることでふくらはぎを鍛える事ができる自重トレーニング法です。

↑分かりやすい解説動画がありました。負荷をかけたい方は動画のようにダンベルを両手に持ちながら行うのも良いのですが、始めは何も持たずに慣れる事から始めましょう。

↑僕がオススメする片足カーフレイズの解説をしています。3:33〜辺りから解説しています。

通常のカーフレイズでも効くには効きますが、僕は片足カーフレイズを取り入れるようになってから飛躍的にふくらはぎが大きくなりました。

僕のようにふくらはぎにコンプレックスがある方は、ぜひ片足カーフレイズをトレーニングメニューに取り入れてみてください。


以上2種目、最近ハマっている自重筋トレについてお話してきました。

ぶっちゃけ、胸トレてっ前から苦手でした笑

ベンチに仰向けになって行うダンベルプレスとかよくやるんですが、いつもあまり効いてる気がしないんですよね。

これはもうちょと慣れやフォームの改善などが必要だと思うので、今後も続けるつもりではありますが。

その分、ディップスは必ずと言っていいほど胸に効きます。

なので自分には1番胸に効くトレーニングなのだと思っています。

必ずしも定番トレーニングメニューが自分に合っているとは限らないのだと改めて感じました。

皆さんもあまり効かないのにそのメニューを何となく続けたりせず、思い切ってトレーニングメニューを変えてみると良いかもしれませんよ。

ということで今回はここまでで。

また筋トレについての記事を書いていきますのでお楽しみに!

それでは!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする