オススメ自重トレーニングを動画でご紹介!【肩トレ編】

今まで筋トレの知識についてはいくつか記事を書いてきました。 ここまで読んできた方には必要最低限の知識はついたかと思います。 ということで、今回から実際にトレーニング方法をご紹介していきます...

前回は「腕トレ編」をお送りしてきました。

今回は「肩」の自重トレーニング方法についてご紹介していきたいと思います。

肩の筋肉を大きくすれば、憧れの「逆三角形」の体にする事ができます。

さらに肩が大きくなると体の横幅が広くなり、威圧感が一気に高まります。

「こいつできる奴だな…」

そんな”脅威の存在”だというイメージを周りから持たれると思います。

それだけ肩の筋肉を鍛えるという事は、体の印象を大きく変える事に繋がるのです。

もう一つ肩を鍛えるメリットがあります。

肩を鍛えると血液循環が良くなり、肩こり解消の効果もあります。

肩こりに悩まされている方にも肩トレはオススメです。

腕トレをしている方にも肩トレはぜひ取り入れて欲しいと個人的に思います。

上腕二頭筋、三頭筋、前腕が鍛えても肩がガッチリしていなければ、パッと見でもカッコ悪く見えてしまいます。

なので、バランスよくする為にも肩のトレーニングも取り入れてみてください。


・肩の主な筋肉について


それではまず肩の筋肉について簡単に説明していきます。

・三角筋

肩の丸くなっている所ですね。

と言っても、この三角筋は前部・側部・後部の3つに分けられていて、それぞれ「腕の筋肉を動かす」為の役割をしています。

3つの部位をバランスよく鍛えていけば、前後どこから見ても大きな肩に見えます。

とくに逆三角形の体を目指している方は、後部をポイントにトレーニングしていく必要があります。


・実際に肩トレを行っていきましょう!


それでは実践あるのみ!

今回もメトロンブログさんの動画です!毎度お世話になっております〜。

メトロンブログさんと知り合いな訳ではないですが、本当にこの肩トレは効くのでご紹介したかったのですよ!

キツいトレーニングですが、僕もこのトレーニングで肩が大きくなりました!

このトレーニングは「くの字」に体を曲げる事で、上半身に重力が傾ていき、肩に高重量の負荷がかかるという仕組みになっています。

なので自重でもかなり肩を追い込めます。

このトレーニングは手の角度を変える事により、三角筋の前部・側部をトレーニングする事ができますので、交互にやっていけば効率良く肩のトレーニングができます。

僕も実際にやっているのですが、僕からは言えるのは

・お尻を意識して上げる。

・つま先立ちを意識する。

・腕の筋肉ではなく、肩の筋肉に意識を集中させる。

・反動は使わない。

この4点をとくに意識してみてください。

この4つのどれかが抜けると、肩への負荷が弱くなると思います。

あと、くの字」の姿勢を維持できていないとただの腕立て伏せになってしまう恐れがあるのでその点も気をつけてください。

このトレーニングの動作がキツいという方は、つま先立ちをなくせばやりやすくなると動画上でメトロンさんが言っていました。

なので初心者の方はかかとを落とした状態にして、できるだけの回数でやってみましょう。


ということで、肩の自重トレーニングのやり方を動画を交えてご紹介してきました!

今回ご紹介したトレーニングを行っていけば、ダンベル等の器具がなくてもかなり肩の筋肉を大きくさせる事ができます。

というか僕はこのトレーニングで肩がだいぶ大きくなりましたよ!

メトロンブログさんのチャンネルには今回ご紹介した動画の他に、自重トレーニングの動画がとても充実しています。

「動画を見たらすぐに筋トレができる」そんな動画が多いので、まさに自重トレーニングをメインに行っている方にはオススメのチャンネルです。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

それでは次は別の部位の自重トレーニングをご紹介していきますので、お楽しみに!

それでは!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする